血液検査などで調べられるのは、貧血やコレステロールなどと一緒に、血糖値も調べる事ができます。
血糖値は、若いうちはあまり気にかけていない人が多いと思いますが、健康管理の中で最も気にかけておきたい項目の一つです。
この血糖値が上がると、「高血糖」と言って糖尿病になる可能性があります。
その逆に、血糖値が下がり過ぎてしまう事を「低血糖」といいます。
高血糖も低血糖も様々な病気の原因になる為、この血糖値上げる方法や下げる方法が今、何かと話題になっています。

血糖値を下げる方法

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度を値で示したものです。

この血糖値は変化します。
空腹時や運動をした時は下がり、食事の後には上がります。
この血糖値の正常な数値は、70mg/dl〜110mg/dl未満が正常で、食後には多少上がりますが、すぐに正常に戻る場合は健康な状態と言えます。

血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことを血糖値といいますが、このブドウ糖は、人間の体になくてはならないもので、エネルギーの素となっています。
そのため、血糖値の変化が起こると、人間の体に様々な影響を及ぼすのです。

風邪などで体力消耗しているときにブドウ糖の点滴を行ったり、スポーツドリンクを飲む事で、ブドウ糖を補給しエネルギーとなってくれます。
そのため、身体の弱っている時や、体力を消耗した運動の後は、スポーツドリンクが最適なのです。
その反面、何でもない時に点滴を行わないのと同じで、日常的にスポーツドリンクだけを過剰に摂取すると、高血糖などの症状を招く恐れがあるのです。

それだけ、人間にとってブドウ糖は大事な成分でありますが、必要な分だけ摂取する必要がある為、日頃から気にかけておくことが大切です。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

血糖値を下げる方法(うるウォーター,食品,茶):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://1.yumedia.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。